So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカの光も闇も [子ども]

残り3週間となった、子どものアメリカ生活。

現在、3軒目のホストファミリーに
お世話になっています。

幸せな生活の中でも、
つらい経験することもあり、
日本と同じように、アメリカにも
闇の部分があることを知りました。

しかし、ほとんどは素晴らしい人たち。
両親が共働きでも、定時には帰り、
夜はみんなで食事して、団らん。

生活や人生を楽しむ、理想的な
家族のあり方を体験できたことも、
子どもにとっていい勉強になったと思います。


なんといっても素晴らしいのは、美しい自然。

こちらは遠足で行った森だそう。
field trip.JPG

そしてこちらは、10年生(高1)が
キャンプに行った有名な避暑地、ケープコッド。
cape cod.JPG

もう少しで帰ってくるのが、
残念なような、
楽しみなような・・・[かわいい]



nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

nice! 12

コメント 2

song4u

こんばんは♪
3ヶ月なんて、本当にあっという間ですね。

「日本と同じように」というよりも、
実はアメリカって、「本音と建て前」度は日本なんかよりも
よっぽど歴然としていると思います。
多民族&移民からスタートしてることもやっぱりあるのでしょうか、
そのあたりのことをみんな必要以上に声高には言わないけれど、
古き良き歴史の一部分、あるいはまた自分たちを形作っている
ベーシックな成り立ちの証として、暗黙の了解事項みたいになってる
ようにも感じるところです。決して悪い意味ではなく、ね。

それにしても、貴重な3ヶ月が過ぎようとしていますね。
お子さん、ひと廻りも二廻りも大きくなって帰国されるでしょう。
それだけはきっと間違いありませんね!
by song4u (2017-05-22 21:44) 

izumi

☆song4u さん

ありがとうございます!
3か月は、あたふたしているうちに終わりそうです。

「本音と建て前」って、すごく日本的な概念や風習かと思ったら、
実はどこの国にもいろんな形であるものなのかもしれませんね。

百聞は一見にしかずで、暮らしてみるといろいろ
わかるみたいです。
子どもにとってはすべていい経験になると思います。(^^;

by izumi (2017-05-23 18:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

メッセージを送る