So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカのおもてなし、ありがとう。 [子ども]

いよいよ子どものアメリカ生活も今日で終了。
ホストファミリーのみなさん、
学校のみなさんにはほんとによくしていただきました。

3つのホストファミリーが、
「今週末はおじいちゃんの家」
「来週末はおばさんの家」
などと連れて行ってくださった結果、
子どもはアメリカ北東部の各地を観光。

その結果、ニューヨークやボストンなどの
大都市よりも、むしろ滞在していた
田舎の地域が大好きになったようです。

その理由は、風情ある街並みと自然との調和の美しさ。

downtown.jpg

親としても、ホストファミリーとの
やり取りなどが大変でしたが、
楽しく貴重な3か月間でした。

あれこれしていただいた上に、
「お子さんをうちに寄越してくれて、ありがとう」
などとメールに書いてくださって、
アメリカの良心にも胸打たれました。[もうやだ~(悲しい顔)]

おもてなし、ありがとうございます[exclamation×2]



nice!(17)  コメント(2) 

円卓発表会 [子ども]

アメリカの高校は、6月初めで1年が終わり。
子どもの留学先もテストがない学校で、
期末試験とかではなく、この時期は
一年の総仕上げに取り組んでいるようです。

「今週はポートフォリオ・ウィークで、
ラウンドテーブルがあった」
と先生や子どもから聞いた時、
なんのことやら? でした。

なんでも、この一年で学んだことを
一週間かけてまとめ、円卓に座った
先生方の前で、一人ずつ発表するんだそうです。

生徒たちも必死で準備した結果、
一人一時間かけて行われ、
進級できるかどうかが判断されるそう。

じっくり質疑応答をしながら、
学力や思考力、表現力の進度を見る
なんて、先生方にも力量が必要でしょうね。

これが個人を尊重するということか~[目]
とこの数か月、よく感じさせられます。[ひらめき]



nice!(11)  コメント(2) 

アメリカの光も闇も [子ども]

残り3週間となった、子どものアメリカ生活。

現在、3軒目のホストファミリーに
お世話になっています。

幸せな生活の中でも、
つらい経験することもあり、
日本と同じように、アメリカにも
闇の部分があることを知りました。

しかし、ほとんどは素晴らしい人たち。
両親が共働きでも、定時には帰り、
夜はみんなで食事して、団らん。

生活や人生を楽しむ、理想的な
家族のあり方を体験できたことも、
子どもにとっていい勉強になったと思います。


なんといっても素晴らしいのは、美しい自然。

こちらは遠足で行った森だそう。
field trip.JPG

そしてこちらは、10年生(高1)が
キャンプに行った有名な避暑地、ケープコッド。
cape cod.JPG

もう少しで帰ってくるのが、
残念なような、
楽しみなような・・・[かわいい]



nice!(12)  コメント(2) 

「中身のない楽しみ」が必要。 [子ども]

子どもがアメリカに行って約1か月。
寂しくなるかと思いきや、自由で楽しい~[わーい(嬉しい顔)]
ホストファミリーが子どもの面倒を
見てくださっているおかげですね。

子どもの方も、毎日素晴らしい経験を
させてもらっていて、ホームシックは
まったくないみたい。


子どもの話を聞いたり、ホストマザーや
校長先生とやり取りしたりする中で、
「アメリカらしくておもしろいな」と
思うことがいろいろあります。

たとえば先日、学校からのお便りにこうありました。

「来る金曜日、ロック・イン Lock In を行います。
健康的な生活には、中身のない楽しみが必要であるためです。
お子様を参加させる場合は、許可証をご提出ください」

ロック・インって何だろう[exclamation&question]
と思ったら、どうやら学校でのお泊り会のようです。
先生や保護者の有志が付き添って、
食べたり踊ったり、映画を観たりするんだそう。
アメリカらしい~[目]

でもこの
「中身のない楽しみが必要」って考え方、
日本の学校でもちょっと取り入れた方が、
みんな楽に、健康的になるんじゃないかな~。



nice!(17)  コメント(2) 

15才、デトロイト経由コネチカットへ。 [子ども]

年明けから、ドタバタと未知への挑戦が始まりました。
15才の子どもが、アメリカに
3か月間の交換留学に行くことになったんです。

「パスポートってどうやって取るんだっけ[exclamation&question]
から始まって、
「学生ビザってどうすればいいの[exclamation&question]
と、わからないことだらけ。

でも、いろいろな人に助けていただき、
パスポートもアメリカ大使館での
ビザ面接も本人が一人で行き、
航空券も取れ、どうにか準備が進んで行きました。

それが、出発当日、フライトがキャンセル[exclamation×2][がく~(落胆した顔)]
慌てて航空会社に電話し、振替してもらい、
アトランタ経由のはずが、デトロイト経由の便に。

一人で短時間に乗り継ぎするため、
アトランタ空港について予習してたのに・・・[ふらふら]

それでも無事にデトロイトで
国際線から国内線に乗り継げたようで、
本人からデトロイト空港の写真が送られてきました。

detroit.JPG

しかし、また航空会社から時間変更のメールが[どんっ(衝撃)]

あ、今度は少し遅れただけだった・・・[たらーっ(汗)]


そんなこんなで、無事コネチカットの空港に
到着し、夜12時過ぎにクラスメートの
家であるホームステイ先に着いたようです。

ハラハラしどおしの日々だったけど、
これでやっと、ゆっくり眠れそう・・・[いい気分(温泉)][眠い(睡眠)]



nice!(19)  コメント(2) 

電車に閉じ込められた~。 [子ども]

今月は子どもの学校行事が多く、昨日も個人面談のために
午後3時に家を出て、電車で学校に向かっていました。
そしたら、突然の停電で、電車がストップ[exclamation]

しばらくすると、窓の外、遠くの方で大きな黒煙が
上がっているのが見えました。[がく~(落胆した顔)]
隣にいた女性も気づいたようなので、

「火事ですかね~[exclamation&question]
「あれと関係あるのかな・・・[たらーっ(汗)]
「あ、街の人たちも家から出てきてる。
 ということは、この辺一帯、停電なのかも[exclamation&question]

などと不安なおしゃべり。

かわいそうだったのは、遠足帰りらしい小さな子どもたちで、
おしっこが我慢できない子も・・・。
先生がちゃんと、用意したもので上手に世話をされてました。


40~50分ぐらいしてようやく途中駅まで電車が動き、そこからは、
別の動いてる線を使って、結局2時間ぐらいかかって学校に到着。

昨年までは一人15分、担任の先生との面談だったのが、今年は
一つの部屋に各教科の先生方がいて、好きな先生と話ができる、
という方式だったので、遅れても支障はありませんでした。

各先生方が、子どものことをよく見てくださっていることが
わかり、いろんな話もできて、よかったです。


帰りはまた、電車は動き始めたけど、異常な混みようで、
家にたどり着いたのが夜8時過ぎ。

えらい目に遭った~[あせあせ(飛び散る汗)]



nice!(23)  コメント(0) 

よその子とオクラは育ちが早い。 [子ども]

先週からまた子どもの学校が始まり、とたんに忙しく
なっちゃいました。[あせあせ(飛び散る汗)]

早いもので、うちの子ももう高校生。
「よその子とオクラは育ちが早い」って、博多華丸・大吉さんが
漫才で言ってたけど、自分の子も早いです。[ふらふら]

大学の出願まであと2年ということで、忙しいのは主にそれ。
どこの大学が自分に合ってるのか、本人たちが説明会に行ったり、
中には、学校に勧誘に来てくれる大学も。

テストも教科書もないような小さな学校の生徒を、ぜひ欲しいと
来てくれるなんて、大学が求める学生像も、どんどん変わって
きてるんですね~。

その場合は、親も説明会に参加して、質問したりできます。
何しろ、学費という大きなネックがあるので、本人とともに
よく検討して見極めないと・・・[たらーっ(汗)]

さて、どうなることやらです。



nice!(19)  コメント(4) 

「やっちゃえ、ニッポン」 [子ども]

からっと晴れた昨日、アメリカ大使館主催の「アメリカ留学EXPO」に
子どもと行ってきました。

オープニングはケネディー駐日大使のあいさつ。続いて女優のシャーロット・
ケイト・フォックスさんが、アメリカの大学で学ぶことについて講演されました。

お二人とも、スタッフTシャツを着せられてたけど、テレビで見るとおりの美しさ。[黒ハート]
特にシャーロットさんは、いつも「マッサン」を見ていたので、こんなところで
間近で見られるなんて、うれしかったです。[わーい(嬉しい顔)]

写真を撮りたかったのに、カメラがぶっ壊れて、一枚も撮れなかった~[もうやだ~(悲しい顔)]


各大学のブースでは、卒業生の人たちに個別にお話が聞けました。

おもしろかったのは、日本でもたとえば慶応大生と早稲田大生では雰囲気がなんか
違ったりするように、アメリカの大学も、ハーバードとかスタンフォードとか、校風に
よって卒業生の雰囲気が全然違うんですね~[目]

でも、どの大学の人も共通して言っていたのは、「Be different」。
みんな違った方がいい、ってことですね。

人と違う個性を大切にし、その多様性が国を発展させる、っていうアメリカの
根幹的な考え方だな、と思いました。


シャーロットさんも講演の中で、
「違う国の人同士が、お互いを理解し合うことが、平和につながり、愛につながる」
って話されてました。

「自由を愛し、自己主張をするアメリカ人と、つながりを大切にし、世界に類を
見ない勤勉さを持つ日本人、お互いに学び合えるのでは?」とも。

講演の最後に、
「みなさん、頑張って[exclamation]」と日本語で言ってましたが、ついでに
「やっちゃえ、ニッポン[手(グー)]」って言ってほしかったのは、私だけかな・・・[exclamation&question]



nice!(20)  コメント(0) 

キンパ&スタバカードをGET! [子ども]

思いがけずいいお天気になった昨日は、子どもの学校祭でした。[晴れ]

子どもたちが模擬店や演芸大会をやったりするほか、保護者は食べ物を
提供したり、フリーマーケットを担当したりなど、やりたいものを選んで
お手伝いする、学校を挙げてのお祭り。

テストも成績もない学校には、PTAもなくて、保護者が得意なことで学校に
貢献できる、っていうのはすごくいいなと思います。

お料理の得意なお母さんたちが提供する食べ物の中で、一番おいしいと
評判なのが、こちら。キンパという韓国風のり巻きです。

キンパ.jpg

初めて食べたけど、日本ののり巻きとは違って、酢飯じゃないんですね~。
韓国のりのせいか、ごま油風味ののり巻きって感じで、おいしい[exclamation][目]

そして子どもも大人も楽しみにしている、くじ引きでは、東京都内の博物館や
美術館を割引料金で利用できる「ぐるっとパス」と、スターバックス・カードの
セットをゲットしちゃいました~[わーい(嬉しい顔)]

ぐるっとパス.jpg

小さな学校だから、当たる確率も高いわけで・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

普段あまり会えない保護者の方たちや、先生たちとおしゃべりもできて、
ほんとに楽しい一日でした。[かわいい]



nice!(27)  コメント(2) 

独身時代に戻ったみたい・・・ [子ども]

今まで、月2回の更新にしてましたが、
「もっと更新したら」という声をいただいて、ちょっと気まぐれに更新して
みることにします。どうかな~[exclamation&question]


子どもが中学2年になり、遊びにボランティアにと、一人で出かけていく
ことが多くなりました。
泊まりがけのこともあるので、夫もいなかったりすると、一人で夜を過ごす
ことが時々あって、普段の生活との落差をすごく感じます。

自分だけの夕飯を作って、食べて片づけて、お風呂に入って、寝て。
まるで、急に独身時代に戻っちゃったみたい。
ただし、年だけは30も取っちゃってるけど・・・[たらーっ(汗)]

家事が少なくて楽だし、時間の制約なく好きなことができていいんだけど、
お風呂に入っている時、寝る時などに、しみじみ考えちゃいます。
「子育ての期間って、短いんだな~」って。

 子どもが大きくなると、家族一緒に、ってことが少なくなるっていうのは
 こういうことなんだ・・・

 今は時々だけど、あと4年(18才)で子どもが巣立ってしまうと、こんな
 日が毎日になるんだな・・・

 4年って、あっという間なんだろうな・・・


たった一人だけど、子どもを授かったおかげで自分もずいぶん成長させて
もらったと思うし(まだまだだけど)、本当に貴重な時間を過ごせました。

育てさせてもらえたことに感謝しながら、残り少ない日々を大切にして
いきたいです。
独身生活にもちょっとずつ慣れながら・・・[ふらふら]


☆書きながら、「春・夏・秋・冬、きみと」を思い出しちゃいました。





nice!(24)  コメント(4) 
メッセージを送る