So-net無料ブログ作成

そのままの自分でいていい。 [子ども]

先月は子どもの大学出願で、
親も書かなきゃいけない書類が
大量にあって、大変だったのが、
ようやくひと段落しました[あせあせ(飛び散る汗)]


そして先日、久しぶりの授業参観。

普通の授業参観と違って、
親の方が生徒に質問され、勉強させ
られるやつです[ふらふら]

その後の保護者会も、これまた
普通と違って、パネリストである
数人の高等部の生徒たちに、
親たちが自由に質問をする形式。

授業参観でも、憶することなく
保護者たちに話しかけ、ユニークな
プレゼンをする生徒たちは、ここでも
気楽に、授業や進路について語ります。

ある子は、数年前に進学校から転校
してきたんだけど、その学校では
ひたすら暗記や競争の毎日で、
疲弊する感じだったそう。

ところがこの学校に来たら、
「そのままの○○でいい」
という教育だった。

そしてどんな子もそれぞれの力を
発揮していける。

親御さんも、ここなら思考力も
伸びるからよかった、と
おっしゃっていました。

それを聞いて、他の親御さんや
生徒たちも、他校での経験や、
ここでは誰も否定されないこと、
できないことは教え合って
伸ばしていけることなどを、
口々に語っていました。

ある生徒が、

「だから、何の心配もないんですよ[exclamation]

とまとめて、大笑い[わーい(嬉しい顔)]


いや~、こんな保護者会って・・・。

公立小学校では考えられなかったし、
この学校に来てからも、どんどん
良くなってきていると思います。

「小さい学校だからこそ、新しい
ことをすぐに取り入れ、改革できる」

と入学当初、校長先生がおっしゃって
いた通りで、今は「小さい学校」
とも言えない人数になってきました。


どんな子も、そのままで認められ、
楽しく伸びていけるこの場所が、
ずっと続いて。

ここを巣立った子たちによって、
社会に広がっていったらいいなと
思います。


nice!(18)  コメント(2) 

nice! 18

コメント 2

song4u

こんにちは。
すっかり出遅れてしまいました、スミマセン!^^;

それにしても、すごい学校ですね。
学校と言えば、厳しい管理が当たり前の世界だと思うけど。
まだ未熟な子供たちに、自由にさせたらロクなことがない―
まあ、いいことも悪いことも含めてそれが大勢のように思いますし、
必要悪というか、最善ではないことは分かっているけれどやむを得ない
という感覚は、決して低くないレベルで理解できます。
しかしそういうこをも排除し、さらにその先を目指すんですね。

すごいなあ。
試しにやってみようとか、短期的な施策としてなら分かります。
だけど、それをスタンダードとして長く持続させるための忍耐や努力、
工夫や思いやりなどは並大抵ではないでしょう。
こういう教育者の方々には、本当に頭が下がる思いです。
この先もずっと続くことを願わずにはいられません。
by song4u (2018-11-10 08:45) 

izumi

☆song4u さん

ご理解いただいて、ありがとうございます!

未熟な子どもたちに自由にさせたら、って、
それが普通の考え方ですよねー。

この学校では、生徒も先生もお互いに一人の人間として尊敬し合う、
というのが根底にあって、いつも対話して解決し、改善していくんです。

だから、中・高生でも大人に対して斜に構える感じがなくて、
初対面の保護者にでもどんどん話しかけてくるんだろうなーと思います。

そういう、どんな人とでもコミュニケーションできるようになる、
っていうのが、この学校の一番いいところかもしれません。

理念に魅かれて来られた先生方も、いろんな方がいらっしゃるので、
日々話し合いや勉強をされて、大変だと思います。

そう考えると、保護者を含めた全員にとって、
他にはない学びの場なんだな、って気がしますね~。

by izumi (2018-11-12 10:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。